第23回ドールコンテスト寸評

第23回コンテストに沢山のご投稿、ありがとうございました。
審査に時間がかかり発表が遅れましたことと相変わらず作者様の名前や作品名などを間違えて掲示していたことをお詫びいたします。

パラボックスを始めて10年が経ちました。このコンテストも7年以上続いてきて、ドールカスタムの環境や状況も随分変わってきたような気がします。オークションやドールイベント、レンタルボックスなどセミプロの世界だったものを普通に誰もが楽しめるように、そしてドールの表現が自由であることを知って欲しいとはじめたコンテストですが、ずっと楽しく続いていることに感謝しております。これからも頑張りたいと思っています。

現在2名の在宅のメイク担当スタッフ(タツマルさんとカオリさん)も、このコンテストに参加いただいて知り合いました。
お二人とも既に5年以上のおつきあいとなりますが、始めはアマチュアの方たちです。でも今ではサンプルや複製などあらゆるメイクが出来るプロのメイク担当者になっていらっしゃいます。第三のメイクや衣装デザインの方との出会いを密かに期待しています。挑戦したい方ぜひ頑張って投稿してみてください。

今回の結果と個々の寸評ですが、 PARABOXのドール原型及び全体のプロデュースを担当していますバーバラ秋成の好みで選ばせていただいておりますと同時に、寸評も選考の際に気になったことを率直に書いてあります。表現がきつかったりした場合はご容赦ください。
特に重視してみている点は、密度です。技量ではありませんので、技術の上手な方にもぜひ知っていただきたいと思います。ドールは心が投影されます。そのヘッドなりにどれだけの想いが込められているのか、そういうことを感じ取られるように日々精進していますので、投稿される方も同じように頑張ってください。

ということで今回下記の方の作品を表彰させていただきます。最後まで迷って選考に漏れた方もいます。また次も見てみたいと思った方も今回は多くて、楽しみにしていますので、頑張ってください。

優秀賞
no06 RAVEN 作/フランケンシュタイン?

原画ぬいぐるみ部門該当無し

準優秀賞
ヘッド部門
該当作無し

原画ぬいぐるみ部門該当無し

佳作
ヘッド部門

no09 Malfrue作/black Fairy
no13 ゆきと 作/ Charlotte

原画ぬいぐるみ部門
該当なし

尚、選考にあたって、下記の規約を勝手にもうけさせていただいております。

※これまで優秀賞を受賞されている方は表彰は行っておりませんので、了解下さい。また、前回に佳作や准優秀賞に選ばれた方で、同等だと思った場合も同じ賞の表彰はしていません。前回よりかなり敷居が高くなりますのでその旨ご了承ください。

※これまでに投稿された作品で、コメントが無用(不要)な方はメールでお知らせください。カットさせていただきます。

ヘッド部門
今回は、カスタムの成長を感じさせていただける方の作品が多々ありました。
技術が伴っていなくてもこのまま続けられたらこの方は伸びるだろうなと思った方が結構いらっしゃいました。

no01 零時 ねね作/ いつもね…、リップスティック
ビスクドールの作家さまでしょうか? ビスクのアンティークドール風の可愛い子ですね。見上げている目線がとっても印象的です。造形メイク全体的に高い技量があり素晴らしいと思いました。

no02 √A 作/ つんれで?
サイトの作者名作品名などの表示が間違ったままになっていました。大変申し訳ございませんでした。
タイトルの感じが出るにはもう少しカスタムに工夫が必要だったかもしれません。

no03 うなぎ 作/プリンスのオフの日

作者様の気持ちがとてもよく現れていると思います。それとプリンスへの想いまで。一生懸命な心が伝わるドールは他人からみても素敵に思えるそんな作品だと思いました。

no04 えぬ 作/ 小さなうさぎ
プチフェアリーはとっても小さい子なので、初めての方にはカスタム大変だったと思います。
それでも素敵な衣装と心のこもったメイクでオンリーワンのドールになっているようですね。


no05: カナメノハルト 作/ ビタミングレーテル
本気でカスタムを実践して頑張っていらっしゃる気持ちが伝わります。アイホールの形を考えたりメイクもいろんな塗り方を工夫したりすることが、カスタム上達の一番大事なポイントです。ソフビは柔らかいので削りやすいし、メイクもアクリル使えば何度か修正しながら重ねていけるので、技術を覚えてメイク術を向上させられれば、本当にどんどん自分がイメージした子を作れるようになっていくと思います。とてもいい感じなので(正直に伝わります)、もっともっと欲をもって頑張ってみてください。
全体的にはやっと50点といった感じでしょうか。でもここからが大事です。近々、パラボックスメイク担当者の方のメイクの実映像をサイトで公開する予定です。他の人はこんな感じで眉毛やまつ毛を描いているんだと参考になるはずです。みなさん自分なりに方法をみつけて上達されているので、いろいろ工夫してみてくださいね。楽しみです。


no06 RAVEN 作/フランケンシュタイン?
文句なく今回投稿作品のなかで一押しに好きな作品です。衣装、植毛などメイク以外まで全て自作というのもすごいです。
前回の作品時に気になったことを書いて、もしそのアドバイスが活きての結果だったらとても嬉しいです。こういうドールがどんどんみられるようになったら素晴らしい世界になるのになと勝手に舞い上がってしまいます。
ぜひ実物をみてみたいなと思いました。

no07 Malfrue作/Gothic Fairy
no08 Malfrue作/Ice Fairy
no09 Malfrue作/black Fairy
前回に引き続き今回も素敵な3種類のプチフェアリーを投稿していただきました。どの子も素晴らしいですね。
画像が小さすぎて審査がし辛いのですが、う〜ん、どうしましょうか。雰囲気だけみても素晴らしいし、コンセプトや背景、衣装など全てプロ級の方のようです。ブログをみるとポーランドの方でしょうか。北欧やロシアは特にカスタムに興味を持たれる方が増えています。どうしても漫画チックな方向が好きなパラボックスですが、これからもリアルよりの可愛い子も頑張って出さなきゃいけないですね。こういう素敵なドールマニアの方たちに支援されているのですから。3点の中で一番創作的なブラックフェアリーを表彰したいと思います。

no10 棺 作/ 単眼
「初めてだけど嘆願の子を作りたい、、、」と店舗に訪ねてこられた方がいらっしゃいました。どういうい単眼なのか気になっていましたが、こういうお顔だったのですね。びっくりしました。
いつもいろんなお顔を作ることを考えているので、一つ目の子、こうやってみてると悪くないですね。ものすごいインパクトはただ単に一つ目ということだけじゃなくて、創作された方の意思がはっきりと強く出ているところがとてもすてきだなと思いました。

no11 くろ 作/ たいべ
不思議な名前だなと思って画像をよくみたら宇宙服のようなフェアリー。外の景色にとても合っています。本店は広くて人がいなくて自由にじっくりみていられるので、1時間以上もこまごま考えたり探している方は多いのです。その結果、ご自分の子を手にしていただけるのは素晴らしいです。投稿作品、コメント全てに主様の気持ちが伝わっていて素晴らしいなと感じました。また多分お友達や仲間を作ってあげたくなってくると思いますよ。

no12 せろりねこ 作/ 47グレーテル
カスタム体験中、というかかなり本流で上達途中という感じです。アイラインや下まつ毛、アイホールの削り、47グレーテルはそういう自由カスタムされたい方ようにと考えて作っています。甘い子にもきつい顔にも眠気にもトロ顔にもいろんな表情が出させると思います。今その途中でしょうか。ここからが一番大変だけど一番楽しい技術レベルとなりますので、頑張ってくださいね。もっと活き活きといた生なグレーテルになれるような気がします。

no13 ゆきと 作/ Charlotte

最初は何のヘッドのカスタムか分からなかったのですが、プチ姫のアイホールをカスタムされるとこういう風になるんだと分かってびっくりしました。線などもシャープで下手れたところがなく、素晴らしいです。こなれてもいないし自然でとても素晴らしいカスタムドールだとおもいました。素敵な子を見させていただいて感謝。

no14 あきの 作/ 月の女神
この子はこうなりたくてこの世に出てきたんだなと作っていてよく思います。月の女神も作者様のコメントを見る限りそのように誕生したんだと思いました。私は月はファンタジーの世界の故郷だと思います。太陽がなければこの世界はないけど月がないとファンタジーの世界も生まれないですよね。月は一人一人の世界の想いの故郷です。そこから生まれたものが人々の世界のあちこちで新しい想像をはぐくんで連環していると思っています。だからこういう作品を紹介していただいてとても感謝しています。みんなの力がつながっているんだと思えるのです。一つの素体ヘッドだったものが、とても清楚で美しい心を感じさせてくれるお人形になったいます。

no15 あきの 作/ 元気ハツラツ!
明るくて力強くて素晴らしいです。月の女神とはまた別の心が作り出した元気な子ですね。細かい技術力よりも個々にかけている密度を感じます。上達される方に必要な要素が一杯備わっていて、このまま頑張って楽しんでいけば、もっと素晴らしい技量を手にされると思います。なによりも想いと自分の感性を信じて心の中から生み出されるものに耳を傾けながら頑張ってみてくださいね。

no16 LK 作/ 髪の長い少女
確かに髪の長い子ですね。少し長すぎたかも。

no17 彩田とみこ 作/ Mary
前々回に準優秀賞で表彰させていただいております。今回も準優秀賞評価でしたので、表彰対象外とさせていただきました。全ての面で秀逸で素晴らしいと思いました。でも上手すぎてややこなれている点がちょっと気になってしまいました。

no18 イカフラワー 作/ ツノのある女の子
タイトル通りのツノですが、もう少し創作してほしかったかな。その他は上手にカスタムできていると思います。

no19 暮乃あかり 作/ 憂い
作者様の表現したかった表情、よく伝わります。ちょっと大きめに意識されたのか無意識的なのかわかりませんが瞳の力が出ています。アイラインや下まつ毛なども含めて一生懸命カスタムされた分だけこの子に力を与えてくれています。

原画・ぬいぐるみ部門
投稿数が少なくてちょっと残念ですが、投稿いただいた作品はそれぞれメッセージがこもっていて感謝しています。
ただ今回はみなさんそれぞれに技量があったり想いが一杯込められていたり素晴らしい作品ばかりだったのですが、選考対象作品該当無しとなってしまいました。
原画部門を設けているのは、マンガイラストが好きだということもありますが、それとは別に二次元ならではのメッセージも大事にしていますので、もっと頑張って投稿してほしいなと思っています。


01:ユヅチヨ 作/ おしゃだらてんし
コメント、イラスト、どれも素晴らしいですね。とっても楽しんで見させていただきました。個々の仕様もきっちり説明があり、それぞれコンセプトに基づいているので、なるほどな〜と感心しました。この子実際にいたらすっごい可愛いと思いますよ。

G02: ゆきね作/ アニメ寄り男性ヘッド
「いわゆる乙女ゲーっぽい男性顔形」のヘッド素体ですね。よくわかっているのですが、細面細目のヘッドは、なかなか難しいので苦戦しています。昔作った男子描き目ヘッド(オビツの27HD-M02N/W)のバリエーションと考えたらよろしいでしょうか。そのときも結構大変でした。苦手でも欲しい方がいらっしゃるのはよくわかっていますので、頑張ってみようと勇気づけられます。創作というのは欲しい気持ちのその気にならないとなかなか作れないのです。

G03: kiyuka 作/ 和風セーラー鬼娘
キツネのお面、欲しいなと思っていました。ミニの服ととても似合っています。こんな感じのあったらいいなと思っている人多いような気がしますね。さりげなく描いていらっしゃるけど素晴らしいと思います。


G04: すずの作/ Milky Candy Cane
手のひらサイズには絶対作れないと思うのですが、もう少し大きいサイズ(25p以上)だったら再現できるかもしれません。それ以上にここに細かくファンタジーが一杯詰まったドールになりそうですね。想像されて二次元に生み出されてきた子は作者様の夢の世界を更に広げさせてくれているんだと思います。



コンテストの内容や方法にご意見などありましたら、ご自由にメールにてお寄せください。

閉じる